私のブログ

Just another WordPress site

婚活・結婚おうえんネット

 

皆さんが、結婚したいと感じたとき、「婚活」といったキーワードをGoogleなどで検索することがあると思います。

そんな時、検索結果でよく目にするのが結婚相談所です。

そんな結婚相談所ですが、個人で運営している仲人さんから中堅の結婚相談所、楽天やイオンの資本が入った大手結婚相談所があります。

主観的な要素をなるべく排除して、客観的に結婚相談所を比較してみました

一覧の紹介順はおすすめ順ではなく、支店の数で並べてあります。

 

ZWEI (ツヴァイ)

ZWEI(ツヴァイ)は、イオン系の大手結婚相談所で、2018年9月3日時点で、会員数は29,236名となっており、前年と比べ少しだけ減少しています。全国に支店を展開しており、成婚数も5,259名を超えています。(成婚率は18.5%)

地下鉄でも見かける機会が多く「婚活ツヴァイ」という交通広告はよく目にするのではないでしょうか。

 

楽天オーネット

楽天オーネットは、業界最大手の結婚相談所です。

Webマーケティングにも力を入れ、テレビCMも流れているのでご存知の方も多いかと思います。

2017年10月時点で、会員数は49,291名となっています。

成婚数は11,783名で最も多く、成婚率も約24%となっています。(2018年1月31日 更新)

 

パートナーエージェント

パートナーエージェントは、マザーズ上場の大手結婚相談所です。

パートナーエージェントも、昔から関東では交通広告を展開しているのでご存知の方も多いと思います。2017年9月時点で、会員数は12,098名となっています。

成婚率は大手結婚相談所の中では最も高く、28.7%となっています。

(参考:パートナーエージェントのテレビCM

 

ゼクシィ縁結びカウンター

ゼクシィ縁結びカウンターは、リクルートが運営する2015年から始まった大手結婚相談所です。

すでに21店舗を全国に構え、交通広告やWebマーケティングに力をいれています。

また、今秋テレビCMの配信が始まりました。

ゼクシィ縁結びカウンターの会員数は約8,700名ですが、成婚退会数や成婚率に関しては非公開です。

 

NOZZE(ノッツェ)

NOZZE(ノッツェ)は、全国に21店舗の支店を構える大手結婚相談所、結婚相談所連盟の良縁ネットと会員情報を共有しています。

なお、会員数や成婚率は非公開です。

 

IBJメンバーズ

IBJメンバーズは、東証一部上場でIBJ(日本結婚相談所連盟)などの婚活サービスを手がける株式会社IBJが運営しています。

自社の会員=IBJ(結婚相談所連盟)の会員ですので、結婚相談所連盟の数値を出しておきます。

IBJメンバーズの成婚率は、公式サイトによると51.5%となっていますが、計算方法は「成婚退会者 ÷ 全退会者数 = 成婚率」となっています。

IBJ全体の成婚率は約16%です。

 

サンマリエ

サンマリエは、全国に支店を構える大手結婚相談所で、全研本社グループのハピライズ株式会社が運営しています。

ノッツェと同様、結婚相談所連盟の良縁ネットと提携し、会員情報を共有しています。

なお、会員数や成婚率は非公開です。支店を4つ閉鎖した事で、合計9店舗となりました。

 

MARRIX(マリックス)

MARRIX(マリックス)は、東京、大阪、名古屋、福岡に支店を構える中堅の結婚相談所です。

会員数や男女比などが記載されている結婚相談所の比較サイトもありますが、公式サイトとして会員数や男女比、成婚率などの情報は公開されていません

また、料金体系は支店によって異なりますので、サービス内容、料金体系はマリックスまで直接お問い合わせください。

 

大手結婚相談所の一覧(会員数と成婚率、支店数、料金で比較)

大手結婚相談所の会員数や1年間の料金目安、成婚率が比較しやすいように一覧表にしました。

会員数ではオーネットが最も多く、5万人に迫る勢いです。また、ツヴァイも3万人を超えています。

料金では、ゼクシィ縁結びカウンターが最も安く成婚までの費用は25万円を切ります。

成婚率はパートナーエージェントが最も高いですが、各社、成婚の定義が異なります(パートナーエージェントの成婚定義は他社と比べて若干軽いです)。

実際に来店する時に、成婚の定義や料金オプションなど、しっかりと確認するようにしましょう。

 

 

結婚相談所の資料を一括でお取り寄せたい方はこちらから